アラフォー主婦な私の生活記録

あまり大きな声では言えない心の叫びを綴ります。

オマケに一つ

"Rーー

朝から会いたい♪

 


朝から長めのライン送っちゃうけど、許してー

 


自分の気持ちは正直に言うんだよ。ぼくに会いたいとか。紳士さんに会いたい気持ちがあれば伝えるべきだしさ。

 


明日何が起こるかわからないから、後悔のないハッピーな一日を過ごしたいね。

 


婚外だからこそ、強がったりしないで、自分の言いたいことは相手に伝えてね。

(と自分にも言ってます)

 


なんか上手く伝えられないけど。

 


自分の気持ちを大切にしようね。

 


ぼくはいつでも

Rを受け止めたい"

 

 

 

 


ツイートを見て心配してくれたの?

 


どこまで理解があって、どこまで優しいの??

 


君がいるお陰で私は安心して自由でいられる気がします。

 


君がいなかったら、もしかしたら紳士の事もこんなに元気に追っかけ回せていなかったのかもしれない。

 


結婚して妻になって、子供産んでママになって、旦那や子供の付属品みたいな人生になった気がしていた。独身の頃みたいにチヤホヤされる事も無くなって、私の時代はもう終わったんだと思っていた。

 


そんな時に紳士と出会って、久しぶりに自分の時間が流れ始めて、ウキウキしたりドキドキしたり。心の底から満たされたかと思えば、年甲斐もなく失恋してみたり、また立ち直って追っかけ回してみたり 笑

 


そこから更に私の世界は広がって、こうやって君とも出会う事ができて、こんなにも求められて、でも全部を受け止めてもらえて。結婚してからは、家族以外の誰かからこんなにも求められることなんて無かったから、君の言葉の一言一言が、いつも本当に嬉しくて、心に響きます。ありがとう。

 


色んな事があるけど、今私の人生は充実している。それは紳士と君の両方のおかげだと思っています。2人にはとても感謝しているし、2人とも大好きです。

 


この先何がどう変わるかはわからないけど、今はそんな気持ちです。あのまま、脇役のまま、私の人生は終わるんだと思っていたけど、死ぬ前に、オマケに一つ良い思い出ができて、嬉しいな〜✨